労働基準法での有給休暇の定義Top >  労働基準法 休憩時間 >  労働基準法での休憩時間とは

スポンサードリンク

労働基準法での休憩時間とは

労働時間中に設けられているお昼休みが休憩時間の代表格ですが、それだけで休憩は足りていますか?
労働基準法では、仕事を健康的にこなすために休憩時間に関する規定があります。
労働者の労働時間が6時間を超える場合には45分間以上、8時間を超える場合には1時間以上の休憩時間を、労働時間の途中に労働者に与える事が義務付けられています。
労働基準法の内容上6時間ちょうどまでは休憩なしでも違法になりませんし、8時間ちょうどの時は45分間の休憩でも合法ということになります。
休憩時間の過ごし方についてですが、労働者に対して休憩の方法を強制することはできません。
労働基準法では休憩時間は労働者全員が一斉に取ることと定められています。
休憩を取り健やかな労働を目指しましょう。

関連エントリー

労働基準法での有給休暇の定義Top >  労働基準法 休憩時間 >  労働基準法での休憩時間とは