労働基準法での有給休暇の定義Top >  労働基準法 労働時間 >  労働基準法での労働時間とは

スポンサードリンク

労働基準法での労働時間とは

労働時間とは、指揮及び監督の下で働いている時間を指します。休憩時間や通勤時間は含まれませんが、仕事の準備や後片付け、研修や朝礼、ミーティングなどは労働時間とみなされます。
この時間には労働基準法によって条件が休憩時間を抜いた時間数が1日あたり8時間、1週間に40時間までとされています。
ただ、例外として1週間あたり44時間までの労働を認可されている事業所があります。
なお、管理監督者や農水産業をする労働者にはこの労働者にはこの上限が適用されません。
労働基準法によると、労働時間にはみなし労働時間と裁量労働時間の2種類があるとされています。
時間外労働については事前に時間を定めた上で適用し、労働時間の算定が出来る場合は時間外労働分の賃金が支払われます。
一方裁量労働時間とは、労働時間とは関係なく、あらかじめ決められた時間を働いたとして賃金が支払われる仕組みを表します。

関連エントリー

労働基準法での有給休暇の定義Top >  労働基準法 労働時間 >  労働基準法での労働時間とは