スポンサードリンク

労働基準法での有給休暇の定義について

働く人々は労働基準法で保護されています。有給休暇や休憩時間、労働時間などの最低限の基準をを定めています。

労働基準法での有給休暇の定義最新記事

労働基準法での有給休暇とは

せっかく有給休暇をもらえたのに、結局使えずに終わってしまうことが少なくないようです。
有給休暇は、労働基準法で仕事を休む正当な「権利」です。
有給休暇を使う理由として、特別なイベントがないといけないと思っている人は、その理由を聞かれたときに、それがないからダメだと思っているのかもしれませんが、基本的にそれは間違いです。
有給休暇も、この土日の休日と基本的に同じです。
有給休暇中、会社からの連絡を拒否したいと思っている人が中にはいるかもしれません。
有給休暇が「休日」である以上、「業務命令」を出すことはできません。

労働基準法は、会社(使用者)と従業員(労働者)は対等な立場であるという原則があるので、有給休暇も従業員が一方的に行使できるというものではなく、会社にも正常な経営をするために従業員を使う権利があることを忘れてはいけません。
有給休暇の使い方に関しても、会社それぞれ就業規則などで確認が大切です。